湿気の多い家の対策!簡単対策で快適な暮らしを!

湿気の多い家の対策!簡単対策で快適な暮らしを!.png

湿気が多い家は、カビやダニの発生、熱中症やインフルエンザのリスク増加など、様々な問題を引き起こします。
快適な暮らしを送るためには、湿気対策は欠かせません。
この記事では、湿気の多い家の原因と対策について、具体的に解説していきます。

□湿気の多い家は対策を怠るとどうなる?

湿気が多い家を放置すると、様々な健康被害や家への悪影響が考えられます。

1:カビの発生

湿度の高い環境は、カビの繁殖に最適です。
カビは、壁や床、家具など、あらゆる場所に発生し、アレルギーや呼吸器系の病気の原因となることがあります。
特に、湿気がこもりやすい浴室やキッチン、クローゼットなどは注意が必要です。

2:ダニの増殖

カビと同様に、ダニも湿度の高い環境を好みます。
ダニは、布団やカーペット、畳などに生息し、人のフケや垢などを餌として繁殖します。
ダニの死骸や糞は、アレルギーの原因となるため、健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

3:熱中症やインフルエンザのリスク増加

湿度の高い環境では、汗が気化しにくくなり、体温が上がりやすくなります。
そのため、熱中症のリスクが高まります。
また、冬場でも、湿度の高い環境は、ウイルスが活発化し、インフルエンザにかかりやすくなる要因となります。

24227096_s (1).jpg

□湿気の多い家の原因別に適切な対策方法を紹介

湿気の多い家の原因は様々です。
原因別に適切な対策方法を理解することで、効果的に湿気を抑制できます。

1:換気不足

換気を十分に行わないと、室内の湿気がこもりやすくなります。
特に、浴室やキッチン、トイレなどは、こまめな換気を心がけましょう。

2:結露

窓ガラスや壁に結露が発生すると、室内の湿度が上昇します。
結露を防ぐには、窓ガラスの断熱性能を高める、室内の温度差を少なくするなどの対策が必要です。

3:家具や建材の吸湿性

木材や壁紙などの建材は、湿気を吸収しやすい性質を持っています。
吸湿性の高い建材を使用している場合は、定期的に乾燥させるなど、適切な管理が必要です。

4:生活習慣

洗濯物を室内干ししたり、植物をたくさん置いたりすると、室内の湿度が上昇します。
生活習慣を見直すことで、湿気を抑制できます。

24378117_s (2).jpg

□まとめ

湿気が多い家は、カビやダニの発生、熱中症やインフルエンザのリスク増加など、様々な問題を引き起こします。
快適な暮らしを送るためには、換気や除湿、結露対策など、適切な対策を行うことが重要です。
この記事を参考に、湿気対策を行い、健康的な住環境を実現しましょう。

日当たりの悪い家でも大丈夫!快適に暮らすための3つの対策

日当たりの悪い家でも大丈夫!快適に暮らすための3つの対策.png

日当たりの悪い土地に家を建てたいけど、快適に暮らせるか不安。
そんな悩みをお持ちのあなたへ。

この記事では、日当たりの悪い家のデメリットと、それを解消するための具体的な対策を分かりやすく解説します。
日当たりの悪い家は、湿気やカビの発生、冬場の寒さなど、快適な生活を阻害する要因が潜んでいます。
しかし、適切な対策を講じることで、これらの問題を克服し、明るく快適な住空間を実現することが可能です。

□日当たりの悪い家のデメリット

日当たりの悪い家は、湿気がこもりやすく、カビが発生しやすいという問題点があります。

1:湿気対策

太陽の光は、地面や外壁の温度を上げ、水分を蒸発させる効果があります。
日当たりの悪い家は、この効果が得られないため、湿気が溜まりやすく、結果としてカビが発生しやすくなりま
特に、梅雨時期や冬場は湿気がこもりやすく、注意が必要です。

2:暖房費

日当たりの悪い家は、冬場、暖房器具に頼らざるを得ないケースが多く、暖房費が高くなる傾向にあります。
太陽の光を効率的に利用できないため、室温がなかなか上がらず、快適な室温を維持するために、多くのエネルギーが必要になるからです。

3:照明

日差しが届きにくい家は、室内が暗くなりがちで、日中も照明をつけなければならない場合が多いです。
照明をつけっぱなしにすることで電気代がかかり、光熱費の負担が増加します。

24466249_s (6).jpg

□日当たりの悪い家を快適にする3つの対策

日当たりの悪い家を快適に過ごすためには、照明、窓、換気など、さまざまな工夫が必要です。

1:照明
日当たりの悪い家は、適切な照明計画が重要です。

・明るい照明を使用する
照明の選び方一つで、部屋の印象は大きく変わります。
LED電球は消費電力が少なく、明るく部屋を照らしてくれるのでおすすめです。

・照明の種類を組み合わせる
間接照明やスポットライトなど、複数の照明を組み合わせることで、空間全体を明るく、かつ、温かみのある雰囲気に演出できます。

2:窓

窓の配置や種類も、日当たりの改善に大きく影響します。

・吹き抜けや高窓を設ける
吹き抜けや高窓は、光を効率的に取り込むことができ、部屋全体を明るくします。

・光を通しやすいカーテンを使用する
レースカーテンや薄手のカーテンを使用することで、自然光を遮らずに、プライバシーを守ることができます。

3:換気

湿気対策には、換気が不可欠です。

・定期的に窓を開けて換気する
こまめな換気によって、室内の湿気を外に逃がすことができます。

・除湿機を設置する
梅雨時期や冬場など、湿気が多い時期には、除湿機を活用することで、室内の湿度を調整できます。

・風通しの良い間取りにする
家づくりの段階から、風の通り道となる窓の配置を検討することで、自然換気を促すことができます。

24349720_s (4).jpg

□まとめ

日当たりの悪い家は、湿気やカビ、暖房費、照明など、さまざまな問題を抱えています。
しかし、適切な照明計画、窓の配置、換気など、工夫することで、これらの問題を克服できます。
快適な住空間を実現するために、日当たりの悪い家のデメリットと対策を理解し、適切な対策を講じることが重要です。

庭のある家の魅力とつくり方!夢を叶える庭の選び方

庭のある家の魅力とつくり方!夢を叶える庭の選び方.png

庭のある家に憧れを持つ方も多いと思います。

緑に囲まれた空間で、ゆったりと過ごす時間。
家族や友人と楽しい時間を共有したり、自分だけの時間を満喫したり。
そんな夢のような生活を実現できるのが、庭のある家です。

しかし、いざ庭のある家を建てようと思っても、「どんな庭にすればいいんだろう」「自分には、庭の管理が大変そう」と、不安に思っている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、庭のある家の魅力と、庭づくりのポイントをご紹介します。
理想の庭を手に入れるためのヒントを、ぜひ参考にしてみてください。

□庭のある家の魅力

庭のある家は、単なる空間ではなく、暮らしを豊かにする要素がたくさん詰まっています。
具体的な魅力を3つに分けてご紹介します。

1:ガーデニングや家庭菜園を楽しめる

庭があれば、花や野菜を育てる楽しみが無限に広がります。
季節の花々が咲き乱れる庭は、見ているだけでも心が和みます。
家庭菜園では、自分で育てた新鮮な野菜を収穫できる喜びを味わえます。
土いじりを通して、自然と触れ合い、心身のリフレッシュにも繋がります。

2:家族の憩いの場・プライベートな空間になる

庭は、家族みんなで過ごす憩いの場になります。
バーベキューやお茶会など、特別な時間を過ごすのに最適です。
また、自分だけの時間をゆっくりと過ごしたい時にも、庭は最高の場所です。
読書やヨガ、瞑想など、心身をリラックスできる空間として活用できます。

3:緑陰効果や景観の向上など生活を豊かにする

庭の緑は、夏には日差しを遮り、涼しい空間を作り出してくれます。
また、庭の緑は、街の景観を美しくし、生活環境を向上させます。
鳥のさえずりや風の音など、自然の音は心を落ち着かせ、癒しを与えてくれます。

24269805_s (1).jpg

□庭のある家づくりのポイント

庭のある家づくりでは、夢を叶えるだけでなく、現実的な側面も考慮することが大切です。
理想の庭を手に入れるためのポイントを2つご紹介します。

1:用途や過ごし方を明確に決める

庭は、多目的に使えるスペースですが、用途や過ごし方を明確に決めてから計画を立てましょう。

・家族みんなでバーベキューを楽しみたい
・ハーブを育てて、料理に使いたい
・読書やヨガをするスペースが欲しい

このような、具体的なイメージを持つことが重要です。
用途が決まれば、必要な広さや、配置する植物、家具なども具体的に考えやすくなります。

2:メンテナンス性を考慮する

庭の維持管理は、想像以上に手間がかかるものです。
植物の種類や配置、素材選びなど、メンテナンス性を考慮した設計が必要です。
例えば、成長が早く、手入れが難しい植物は避ける、地面を覆う植物を植えて、雑草が生えるのを防ぐなど、工夫することで、庭の管理を楽にできます。

4021995_s (1).jpg

□まとめ

庭のある家は、ガーデニングや家庭菜園、家族の憩いの場、プライベートな空間など、様々な楽しみ方ができます。
さらに、緑陰効果や景観の向上など、生活を豊かにするメリットもたくさんあります。

庭づくりでは、用途や過ごし方を明確に決め、メンテナンス性を考慮することが重要です。
この記事が、庭のある家づくりを考える上での参考になれば幸いです。

土間収納を有効活用!後悔しない収納スペースの作り方とは?

土間収納を有効活用!後悔しない収納スペースの作り方とは?.png

土間収納は、新築やリフォームを考えている人にとって、魅力的な収納スペースです。
玄関周りをスッキリさせ、収納スペースを増やし、動線をスムーズにするなど、多くのメリットがあります。
しかし、せっかく土間収納を作っても、使い勝手が悪いと後悔する可能性も。
そこで今回は、土間収納を有効活用し、後悔しないための収納スペースの作り方について解説します。

□土間収納のメリットとは?

土間収納は、玄関周りをスッキリと片付けたい人にとって、まさに救世主のような存在です。

1:玄関がスッキリする

土間収納があれば、玄関に置かれていた靴や傘、ベビーカーなどを収納できます。
玄関は家の顔であり、スッキリとした玄関は、訪れる人に良い印象を与えます。
また、玄関に下駄箱を置く必要がなくなるため、スペースを有効活用できます。

2:土足のまま汚れを気にせず収納できる

土間収納は、土足のまま出入りできるため、汚れを気にせず収納できます。
自転車やベビーカー、アウトドア用品など、外で使うアイテムをそのまま収納できます。

3:外出時・帰宅時の動線がスムーズになる

土間収納があれば、外出時に必要なものをすぐに取り出したり、帰宅時に収納したりできます。
靴の脱ぎ履きが不要なため、スムーズな動線を確保できます。

名称未設定 (640 x 427 px) (57).png

□スペースを無駄にしない!土間収納を上手に活用するための3つのアイデア

土間収納を有効活用するためには、収納するものを明確化し、可動式の棚を取り入れる、汚れに強い内装にするなど、いくつかの工夫が必要です。

1:収納するものを明確化

土間収納に何を収納したいのかを具体的に考えてから設置する必要があります。
現在の状況だけでなく、将来のライフスタイルの変化も視野に入れて検討することが大切です。

2:可動式の棚を取り入れる

収納する物の種類や量は、ライフスタイルの変化によって変わることがあります。
そのため、棚板の幅や位置を変更できる可動式の棚を取り入れることをおすすめします。

3:汚れに強い内装にする

土間収納は、土足で出入りするため、汚れやすい場所です。
汚れに強い素材や内装を選ぶようにしましょう。

名称未設定 (640 x 427 px) (56).png

□まとめ

土間収納は、玄関周りをスッキリさせ、収納スペースを増やし、動線をスムーズにするなど、多くのメリットがあります。
しかし、使い勝手の悪い土間収納は、せっかく作ったのに後悔する原因にもなりかねません。
収納するものを明確化し、可動式の棚を取り入れる、汚れに強い内装にするなど、いくつかの工夫をすることで、快適な土間収納を実現できます。

快適な住まい作りに役立つ!吹付断熱材の魅力を解説します

快適な住まい作りに役立つ!吹付断熱材の魅力を解説します.jpg

自分の家に断熱機能を付けたいと考えている方はいませんか。
目的に沿った断熱材を取り付けることで、家の暖房や冷房費を削減出来て、より快適な生活にすることも。
この記事では、そんなウレタン吹付断熱材の重要性とその基本的な情報について解説していきます。

□ウレタン吹付断熱の基礎知識

ウレタン吹付断熱材は、住宅の断熱性能を向上させるために使用される技術です。
特に、エコフレンドリーな住環境を求める人々にとって、この断熱材の適用は重要です。
ウレタン吹付断熱の基本的な特徴、種類、および住宅における役割を解説し、なぜこれが有効かを見ていきましょう。

1:ウレタン吹付断熱の特徴

ウレタンとは、プラスチックの一種でゴムのような伸縮性を持ちます。
そのため、断熱性能に優れ、吸音効果も高いのが特徴です。
硬質ウレタンと軟質ウレタンの2種類があり、硬質ウレタンは断熱材や吸音材として、特に住宅の断熱に利用されています。

2:断熱材の必要性

断熱材は、室内の温度を一定に保ち、冬は暖かく夏は涼しくする役割があります。
また、防音効果やカビ、結露の予防にもなります。
これらはすべて、住宅で快適な生活を送る上で不可欠です。

3:ウレタン吹付断熱の施工方法

ウレタンは現場で壁や床下、屋根裏に吹き付けて発泡させ、隙間なく充填することで断熱層を形成します。
この方法は、建物の形状に完全にフィットし、高い気密性を実現します。

次に、ウレタン吹付断熱の具体的なメリットと、それがもたらす環境貢献や適用シーンについて解説します。

23645498_s.jpg

□吹付断熱材のメリットと適用シーンをご紹介

ウレタン吹付断熱は、その高い断熱性能と施工の柔軟性から多くのメリットがあります。
特に、エコフレンドリーな建築を志向する現代において、これらの特性は非常に価値があります。

1:断熱性能

ウレタン吹付断熱は、その密度が高く断熱性能が非常に高いとされています。
外気の影響を受けにくいため、エネルギー効率の良い住宅を実現します。

2:防音効果

この断熱材は、隙間なく施工されるため防音性能にも優れています。
特に都市部や騒音が気になる地域にお住まいの方にとって、この防音効果は大きなメリットとなります。

3:長期的な耐久性

ウレタン吹付断熱は、耐候性に優れ、長期間にわたってその性能を維持します。
これにより、定期的な
メンテナンスコストを削減し、長期的な住宅のコストパフォーマンスを高められます。

24620286_s.jpg

□まとめ

以上この記事では、ウレタン吹付断熱材の基本情報、そのメリット、および適用シーンについて解説しました。
この技術は、快適で持続可能な住環境を実現するために非常に有効です。
これらの情報が、新しい住まい作りやリフォームを考えている方々の参考になれば幸いです。

当社では、これからの時代の新基準にあわせた断熱住宅を手掛けておりますので、ぜひ気になった方はお気軽にお問い合わせください。

断熱吹き付けウレタンで実現する!次世代の快適住宅について解説します

断熱吹き付けウレタンで実現する!次世代の快適住宅について解説します.jpg

環境に配慮しながら経済効率を求める家づくりへの関心が高まる中、住宅の断熱性能に注目が集まっています。
特に吹き付けウレタン断熱は、高い断熱性能と気密性で長期的な快適性を提供する一方で、施工のバラツキや環境への影響も無視できない課題です。
この記事では、吹き付けウレタン断熱の基本からそのメリット・デメリットに至るまで、ご説明します。

□吹き付けウレタン断熱とは?施工法から見る

吹き付けウレタン断熱は、液状の断熱材を建築物の壁や屋根に直接吹き付け、その場で発泡させることによって断熱層を形成する工法です。
この施工法で一般的に使用されるのは硬質ウレタンフォームと呼ばれる材料で、優れた気密性と断熱性を併せ持つことがその大きな魅力です。
ここではそんな吹付ウレタンの魅力についてご紹介します。

1:施工の過程

吹き付けウレタン断熱の施工は、専門の会社によって丁寧に行われます。
ウレタン材料が壁や屋根に均一に分布するように吹き付ける技術が求められ、この均一性が最終的な断熱性能に大きく影響します。
技術力の高い会社を選ぶことは、快適な室内環境を確保し、将来的なエネルギーコストを削減するためにも非常に重要です。

2:施工時の注意点

ウレタンを均等に吹き付ける技術は、高度な専門知識と経験を要します。
もしウレタンが均等に施されなければ、断熱層内での熱の偏りが生じ、その結果として断熱性能が低下します。
さらに、施工不良は後のメンテナンスの際にもさまざまな問題を引き起こす可能性があります。
そのため、施工する際には専門会社と十分な打ち合わせを行い、事前の準備を怠らないことが求められます。

吹き付けウレタン断熱は、その高い気密性により、細かな隙間も確実に塞ぐことが可能です。
このため、隙間風の侵入を効果的に防ぎ、室内の温度変化を小さく保てます。
また、接着性に優れる特性から、施工後の耐久性も高いという利点があります。
これらの特性により、吹き付けウレタン断熱は多くの住宅で採用されるようになり、エネルギー効率の良い快適な住環境を提供します。

3443059_s.jpg

□吹き付けウレタンのメリット!家を包む総合防御力とは

吹き付けウレタン断熱は、断熱性能、気密性、遮音性に優れており、長期的に快適な室内環境を提供します。
また、結露やカビのリスクを低減し、健康的な居住空間を維持する助けとなります。

1:断熱と気密性

高い断熱性能により、夏は涼しく冬は暖かい室内環境を保てます。
また、優れた気密性により、外部の騒音や埃の侵入を防ぎます。

2:遮音・吸音性能

硬質ウレタンフォームは、その構造から遮音・吸音性にも優れており、静かな居住空間を提供します。

3:結露・カビ対策

壁内の結露を防ぎ、カビの発生リスクを抑えられます。
これにより、住宅の耐久性を向上させ、長期にわたる家の健康を保つことが可能です。

23555127_s.jpg

□まとめ

吹き付けウレタン断熱は、その高い断熱性能と気密性で、長期的に快適な居住環境を実現しますが、施工のバラツキや環境への影響も考慮する必要があります。
この記事で触れたようなメリットを活かしつつ、デメリットも理解した上で、悔いのない住宅選びにお役立てください。

なお、当社では、土地探しから皆さまの住宅設計をサポートいたしますので、初めての方でもお気軽にお問い合わせください。

無垢床の10年後の魅力とは?時間を経て深まる自然の美しさについて解説します

無垢床の10年後の魅力とは?時間を経て深まる自然の美しさについて解説します.jpg

自宅に温もりと個性を求める方々へ、長年愛される無垢床の魅力に迫ります。
時間を経るごとに変化する無垢床は、10年後にはまったく違う表情を見せるため、その変化を楽しめるのです。
本記事では、無垢床が時間と共にどのように進化するか、その美しさとともにメリットとデメリットも掘り下げて解説します。

□無垢床と経年変化!10年を経てどう変わる?

1:色味が深まる美しさ

無垢床は、時間が経つにつれて日光による自然な焼けや使用感により、色味が徐々に深まっていきます。
最初は明るい木の色でも、10年もすると豊かな色合いに変わり、空間に温かみを与えます。
無垢材特有のこの変化は、他の材質では得られない貴重な特性です。

2:自然な傷が加わる個性

日々の生活の中で付く小さな傷やへこみも、無垢床の個性を形成します。
これらは使い込むほどに自然な風合いとして受け入れられ、床にストーリーを加える要素となります。
特に子どもがいる家庭では、その成長を床の変化とともに感じられるでしょう。

3:感触の変化を楽しむ

新品の時は滑らかな触感の無垢床も、使い込むことで少しザラつきが出ます。
この変化は、木が生活に馴染んでいく証でもあります。
ザラつきは時に不快に感じるかもしれませんが、木の温もりとして新たな魅力を感じられます。

28031687_s.jpg

□無垢床のメリットとデメリットをご紹介

1:温もりと自然な風合い

無垢床の魅力は何と言っても、その温かみとサラッとした触感、そして自然な風合いです。
木の質感は、人工的な材料では決して真似できない独特のものであり、無垢材の床は時間が経つにつれてその風合いが増し、家族の成長と共に変化していきます。
通常のフローリングが湿気で不快に感じる梅雨時でも、無垢床は適度に湿気を吸収してくれるため、不快感を感じにくいです。
さらに、冬の寒さにおいても、冷たすぎず快適に過ごせる点が大きな利点です。

2:メンテナンスの手間とコスト

一方で、無垢床のデメリットとしては、高い初期費用とメンテナンスの手間が必要であることが挙げられます。
特に水に弱く、水をこぼした場合は速やかに拭き取る必要があり、シミが残ることもあります。
さらに、美しい状態を長期間維持するためには、定期的にワックスがけやオイルフィニッシュの再施工が必要であり、これらの作業にはそれなりのコストがかかります。
また、無垢床は自然材料のため、寸法が一つ一つ異なり隙間が生じやすく、その隙間に汚れが溜まることも問題点の一つです。
潔癖症の方にはあまり向かないかもしれません。

24174769_s.jpg

□まとめ

この記事を通じて、無垢床の経年変化の魅力とそれに伴うメリット・デメリットについて理解していただけたかと思います。
無垢床は単なる床材以上の価値を持ち、選ぶことで生活空間全体に深みと個性をもたらします。
10年、20年と長い時間を共にする無垢床で、豊かな家庭生活をお楽しみください。

なお、当社では土地探しから注文住宅建設をお手伝いいたしますので、初めての方でも安心してご利用ください。

窓が少ない家でも快適生活!メリット活用と明るさを保つコツをご紹介します

窓が少ない家でも快適生活!メリット活用と明るさを保つコツをご紹介します.jpg

窓が少ない家を検討している将来的な家主や設計者に向けて、そのメリットとデメリットを考察し、快適でスタイリッシュな住空間の実現方法を提案します。

窓の少ない住宅は、断熱性や防犯性の向上、プライバシーの保護、建築費用の削減など多くの利点を持ちますが、同時に日当たりの悪化や換気の問題など、生活の質に影響を及ぼすデメリットも存在します。

この記事では、これらのポイントについて掘り下げ、実際に住んでみての後悔ポイントを踏まえた上で、明るく快適な住空間を実現するための具体的なアドバイスをご紹介します。

□窓が少ない家の意外なメリット

ここでは窓が少ない家の知られざるメリットについてご紹介していきます。
窓が少ない家の良さがいまいちつかめない方はぜひ最後までご覧ください。

1:断熱性が向上する

窓の数を減らすことで、室外からの冷暖の侵入が少なくなり、エネルギー効率が高くなります。
このため、冷暖房の効果が向上し、光熱費の削減につながります。

2:防犯性とプライバシーが向上

窓が少ないことで、外部からの侵入が困難になります。
また、外からの視線を気にすることなく、プライベートな生活を楽しめます。

3:外観のデザイン性が向上

窓の少ないシンプルな外観は、モダンでスタイリッシュな印象を与え、建築の自由度も高まります。
建築費用の削減にも寄与し、経済的なメリットも大きいです。

4:インテリアの自由度が増す

壁面が広くなることで、大型のアート作品や家具の配置に自由度が増し、デザイン性の高い室内空間を作り出すことが可能です。

5:掃除が楽になる

窓が少ないことで、窓掃除の手間が減少します。
これにより、日常のメンテナンスが簡単になり、生活の質が向上します。

24490746_s.jpg

□明るさと開放感を確保する工夫とは?わかりやすく解説

1:中庭やライトウェルを設ける

建物内部に中庭や光井(ライトウェル)を設計することで、天然の光を室内に取り入れられます。
これにより、家全体が明るくなり、開放感が生まれます。

2:室内の仕切りを減らす

内部の壁を減らすことで、部屋同士の光の流れがスムーズになり、明るい空間を作り出せます。
また、空間の柔軟性が増し、多様な生活スタイルに対応しやすくなります。

3:光を反射させる材料を使用する

壁や床、天井に光を反射しやすい材料や色を使用することで、自然光を効果的に室内に拡散させられます。
これにより、部屋全体が明るく感じられます。

当社では、土地探しから、完全オーダーメイドの住宅を手掛けておりますので、自分の好みの家に仕上げたい方はぜひお気軽にお問い合わせください。

24303242_s.jpg

□まとめ

この記事では、窓が少ない家の意外なメリットと、そのデメリットを解消するための実践的なアドバイスをご紹介しました。

断熱性の向上やプライバシーの確保、掃除の手間の軽減など、窓が少ない家にはさまざまな利点がありますが、適切な設計と工夫により、明るく快適な住空間を実現することが可能です。
これらのポイントを踏まえた上で、窓が少ない家を検討される方々は、家族のライフスタイルに合った住宅設計を心がけてください。

春を彩るコーディネート

こんばんは

ついこの間年越しをした気がしていたのですが、
早くも4月中旬に差し掛かっていることに驚きます。。

さて本記事では春らしさを演出するアイテムをご紹介します
気分転換に取り入れてみてはいかがでしょうか

ベッド周りのリネンや、ダイニングではテーブルクロスやマット、
リビングのクッションやフラワーベースを変えるだけで、
部屋全体の印象を簡単に変えることができます

1.淡いカラーパレット
ローズやラベンダー、ブルー、ベージュ...
さらにグリーンは昨年に引き続き注目されています
インスタグラムのハッシュタグ #interiortrends でご覧いただくと
イメージしやすいと思うので、ぜひ参考にしてみてください

B0D302DC-6AF6-401A-97E0-3BCCB18C4F9D.jpeg
CC643992-C07E-4364-8983-EBBC5E850E06.jpeg

2.ギンガムチェック・ボーダー柄
ファッションに次いでインテリアでも注目されています

C6FC2426-41AB-4B30-94C9-2F3DCA446CBC.png
266C67AD-0558-4AFC-9EDA-C507FCD7AE26.jpeg

明るい色味に手を出しにくい方はダークカラーから始めてみるのも良いかも
C6C39E10-1BCF-4838-8341-EF835DA481F6.jpeg

3.フラワーベース
普段無色のベースを使用している方はカラフルな物にしてみてはいかがでしょうか
デザイン性のあるものにするとオブジェとしても使えます
0A8F47E5-B261-4F89-BAE1-47ABC2947736.jpeg

自分らしい春を見つけられると、お家生活もさらに楽しくなるかも